感じたこと、思ったことノート

日々の生活の中で感じたこと、思ったこと、考えたことなど。主観の瞬間的垂れ流し。

伝えることと苦手意識 わかりやすさと妥協 Poets of the Fall 僕にとってのこの場

昨日、言葉なんて捨ててしまいたいという思いと、想いを伝えることの悦びを1日のうちで両方味わった。流体の中にいるのを楽しんでいるような人間なので、そんな変化を味わうのも好き。

 

伝えるということは人間にとって本能レベルで大切なことだと思う。

僕個人としては、伝えることをはじめ、コミュニケーションに関してはいろんな難がある。

 

伝えたいという思いは人一倍あるのに、それに対するさまざまな恐れがあって言葉が出ない。

想いが周りの人とかけ離れていて伝わりづらい。

伝わらないと思うとすぐ諦める。

受身なので話題を振ることに勇気がいる。興味のある話題があっても自分から入らないで、いつもアリジゴクのように待ち構えている。

相手の事を聞いてばかりで自分の内側をなかなか出さない。キャッチボールではなく、相手の気持ちを食べているように感じることがある。

感覚で話しているので、自分で何を言っているか明確に把握していないときがある。

伝えようとすることを整理しようとすると頭の中でぐちゃぐちゃになるので、長ったらしくなってしまう。

相手にとっては理解しづらい比喩や例えが多くなってしまう。

言葉を自分の気持ちで理解しているので、含まれる意味が相手の理解と違ってしまう。

伝えたくもない雑談が苦手。

面倒くさくなるとすぐ逃げる。

挙げだすとキリがない。それだけ苦手意識の塊。

 

だから言葉なんて捨ててしまいたいと感じるときもある。

でもやっぱり、伝わると本当にうれしいから、伝えたいという思いは大事にしていきたい。どう足掻いても人間だから。

 

『Poets of the Fall』というフィンランドのロックバンドが好き。名前のとおり詩的な歌詞の歌が多く、メロディーはそれぞれの詩と調和していて、ボーカルのマルコの情緒的な歌声が心の情景や矛盾の中の葛藤の世界を映し出す。柔らかく繊細なラブソングからサイコパスの内面まで表現が素晴らしい。彼ら自身、特にマルコが自分の内面にそれを見つけていなければできない表現だと思う。紙一重ということをよくわかってる。

 

性格が似ているんだと思う。彼らの表現はすごく入ってくる。

何より僕が彼らを好きなのは、彼らの伝える姿勢。

 

『わかりやすさ』というのは表現において重要な要素だと思う。でもそれを追求することは、情景を壊してしまうことに繋がると思う。特に感情的な、内面の部分を伝える場合において、わかりやすさを優先することは、情景を作り変える、ある種の妥協になってしまう。

わかりやすい、売れる歌を作ることを優先すれば、似たり寄ったりになってしまう。

 

それは安易に美味しいと感じる感覚ばかりを刺激しようとする食べ物に似ている。そう感じるように作られた食べ物の表面的な味は、刺激と反応ばかりで僕は美味しさだと感じない。そこにその食べ物の『美味しさ』を見つける余地がないから。それどころかそう『感じさせようとする』態度に腹が立ってしまう。冒涜の領域だと思う。

味覚はそんな表面的な、浅いものではない。感覚の反復の中、広がり、交わる世界の中に見つけるものだと思う。

歌や食べ物だけでなく、全ての感覚がそうだと思う。

 

彼らの歌はそれぞれひとつの世界の表現だと感じる。わかりづらい、難解なものもあるけど、形容詞や比喩を多用しての表現は似た感覚の世界を知っている人にとってはとてもしっくり来る世界。

売れるために変えようとしないから、過小評価され続けるバンドとも言われてるけど、だからこそその表現が続けられるのだと思う。

 

僕はそういう伝える姿勢が好き。

僕が文を整理するのが苦手な理由は、それに通じるんだと思う。想いを言葉にする以上内容を変えるのはなんだか嘘が入ってしまう感覚があって、それに嫌悪感がある。相手に嘘を伝えるのが嫌なのか、自分を偽るのが嫌なのか、その辺はよくわからない。

相手によって捉え方が違うのは前提なのだから、僕にできることは僕の感じる、思う世界をできるだけ崩さずに伝えることだけだと思う。勿論、コミュニケーションの場面では曖昧な語に逃げたり、語らない自由を行使するけれど、伝える場面では自分に素直に伝えたい。

好きと感じるからにはそれが自分にあった方法なのだろうと思うから、そういう伝え方が自分に合うのかなと思う。

 

ただ、そんな場面やそんな相手は殆どいないので、この場がその役目も果たしてくれているのかもしれない。

ここは自分の中の結石を溶かす作業の場と思っていて、それに混じる血も膿も、投げ捨てるようにそのまま書いてしまうから、読んでくださる方には申し訳ない気持ちがある。

だけど寧ろそういう表現を僕自らが望んでいるのかもしれない。Live Leakの動画のように思っていただくのがいいかなぁと思います。

 

僕自身の気持ちとしては、このブログはメッセージ・イン・ボトルのような気持ちがあって。単なる乱文ノートなのだけど、誰かに届く『かもしれない』という希望。その希望が大事。

変な世界を垂れ流しているけど、それが誰かの世界に届くかもしれないって、とても大きな希望。

 

そうやって毎回、僕の世界にある結石を見つけたり排出する苦しみや悦びを、瓶に詰め込んで海に流している。受け取った99人にわかってもらえなくても、1人に伝わるかもしれないという希望を込めて。

 

僕にとってここは、そういう伝える姿勢の場なのかな。

 

 

*PotFは好きじゃない曲を見つける方が難しいのだけど、今の気分で3つだけ貼ってみる。興味のある方はMV含め色々youtubeにあるので聴いてみてね!

 

これ凄く好き


Given and Denied

Given and Denied

 

Which way to the fountain of my youth I wonder
Which way to the years I've let go by
Let a thirsty man drink in its memories
While the water still flows sweet and crystal clear
For yesteryear

 

Oh, to see the sun's eclipse
On the horizon like ships
Sailing way away from here
Oh, just one more time my dear
Before I'll go hear me out
Cos of this there ain't no doubt
When it's time for curtain call
Just before the shadows

 

Fall like a leaf in the wind on the ocean
Of blue like your eyes in the twilight theater
With symphonies playing in the world without sound
We're given and denied

 

Give me back my innocence cos I wish to dream again
Like I never outgrew my old playground
Where the sun sets slowly with a golden crown
And the leaves sing lullabies 'round vacant swings
Give me those wings

 

Let me fly once again
Like I did way back when
I would gamble and win
To lift me high above the din
Of the future we see
Does it hold something for me
I'm weightless again
Just before the shadows

 

Fall like a leaf in the wind on the ocean
Of blue like your eyes in the twilight theater
With symphonies playing in the world without sound
We're given and denied

 

Before I'll go hear me out
Cos of this there ain't no doubt
When it's time for curtain call
Just before the shadows
 
Source: Musixmatch
Songwriters: poets of the fall

 

これも好き


King of Fools

King of Fools

I worry that I can't give you what you need
That you'll find nothing underneath the peel
That I can't undo the times we disagreed
That I can't ignore the way I feel


'cause what I feel is the only truth I know
And I get by on this naivete of youth


If what I feel is the only truth
And what I give out will make up what I'll receive
Can I leave behind my naivete of youth?
Will I be crucified for wanting to believe?
I believe


Could you hold us up if I would drag us down?
Resurrect emotions from our past
N' if they had a king for fools would you wear the crown?
Build us up again and make us last


'cause what I feel is the only truth for me
And I get by on this naivete of youth


If what I feel is the only truth
And what I give out will make up what I'll receive
Can I still leave behind my naivete of youth?
Will I be crucified for wanting to believe?
I believe


And if we don't worry about a thing
Will we be sorry when the rain is falling again
And what does it matter
If fortune should favor
It's never the final amen


If what I feel is the only truth
And what I give out will make up what I'll receive
Can I still leave behind my naivete of youth?
Will I be crucified for wanting to believe?
I believe


Source: LyricFind
Songwriters: Marko Saaresto / Markus Kaarlonen / Olli Tukiainen
King of Fools lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 

最近出たアルバムのだとこれが好き。

Remedy社というフィンランドのゲーム会社があって、その会社のゲームにも使われているらしい。僕のこのバンドとの出会いも、その会社が作ったMax Payne2というゲームの中だった。


Poets of the Fall - My Dark Disquiet (Lyric Video)

My Dark Disquiet

 

Night, the world, it's mine, with nobody else out here
It's time, run wild and royally cavalier
To burn, ignite, I'd do it for so much less
When all is made clear there is nothing else
And here we stand, the sweet arresting duality
And I come to, it's resin all over me
Will I awake, will I get a ride with you
In this race of two


We're an endless stream of choices
We're the softest murmur of voices


Without names we're fantasizing
Dancing like flames, mesmerizing
My dark disquiet playing such eerie harmonies
Making waves and diving under
Lightning to the sound of thunder
My dark disquiet singing such haunting melodies


So white, so still, so bright, it's almost too painful now
I'm ready to fight, to run from the light
And here now comes the sweet corrupting reality
While now I'm free, will I once cease to be
Will I awake, will I get a ride with you
In this race of two


We are momentary masters
We're false kings and bastards


Without names we're fantasizing
Dancing like flames, mesmerizing
My dark disquiet playing such eerie harmonies
Making waves and diving under
Lightning to the sound of thunder
My dark disquiet singing such haunting melodies


We are marionettes by strings animated
Yet like lovers of strings liberated
We are marionettes by strings animated
Yet like lovers of strings liberated
Without names we're fantasizing
Without names we're fantasizing
Dancing like flames, mesmerizing
My dark disquiet playing such eerie harmonies


Making waves and diving under
Lightning to the sound of thunder
My dark disquiet singing such haunting melodies
Brothers by blood separated
Marionettes animated
Lovers of strings liberated


Brothers by blood separated
Marionettes animated
Lovers of strings liberated


Source: Musixmatch
Songwriters: Olli Tukiainen / Marko Saaresto / Markus Kaarlonen