感じたこと、思ったことノート

主観の瞬間的垂れ流し、混沌の整理、迷子の自分探し。井戸の底から雲の上まで。

好きなもの

あけおめ! 帰村 "Syberia3" "Syberia - The World Before"

あけおめ!最近あまり開けていなかった。 先月中旬からは村で過ごしてた。お魚獲ったり野菜(野草)採ったり草刈りしたりのんびりしたり。生きるっていうのは僕にとってはここなんだなぁと毎回思う。早く隠居して村で暮らしたい。あの空気なのよ。あとは電波…

ジェンダーの議論から 正解の範囲 近況 Andrea Vanzo

ジェンダーの議論を見ていると色んな主義主張があるなぁとは思うんだけど、個人的に特に腑に落ちないものがある。 雌雄の形体的な違いや特に生殖における役割を理由にして、生物学的なとか生物的にこの違いは当たり前でしょって態度の主張。もっと分かりやす…

”Ano” から ズレ 伝わらないというベース 暑さ対策 Michael Logozar

あのちゃんってどんどん有名になってるんだなぁ。僕芸能人は名前と顔が一致してる人が少ないんだけど、この子は好きでラジオとか聴いてる。なんというか、色々分かりみが深いんだよね。それなのに芸能人の仕事なんてできちゃうんだから凄いと思う。 何で知っ…

フランスのデモについてのニュース から ジャーナリズム マッサージガン CMJ - 星河不可及

日本のニュースと海外のニュースの内容の乖離って面白い。最近だとフランスのデモや暴動とか。あれなんか物凄く反移民、反イスラム感情を煽ってるけど、英語のニュース読んでるとイスラムだのなんだのっていうのはあんまり出てこない。興味の焦点が全然違う…

解離 から そもそもずっとバラバラ? 母の子であった僕の不在 Love Lost (Piano) - Mattia Cupelli

解離について、海外のサイトを巡ってると気質によって解離になり易いのではないかという説があって面白かった。その人は性格型をもとに書いていたけど、あるトラウマに対処するのに心理機能的に脳内に逃げ場を作るタイプは解離になり易いのではないかと。心…

ウズラ から 卵 最近のこと Michael Forster - I giorni: Andante 景色

ウズラって雌雄鑑別が難しいからスーパーの卵に有精卵が混じってて、孵卵器で温めると1パックに1匹くらい生まれたりするっていうじゃない?それで1,2羽くらいなら飼えるし、子供と育ててもいいかなと思ったのね。4月末くらいかな。こっちの連休明けで新しい…

感情のダム 置いてきてしまった自分と今の自分 緊張の種類と必要な安心 お空 Gísli Gunnarsson - Untethered Light

知人が昔バックパッカーだった頃タイでマジックマッシュルーム食べた時の話をしていて、色々と歯止めが利かなくなるから、友達と順番に一人ずつ食べたんだって。 それを聞いて、僕が泣けないのはそういうことなのかと思ったの。 決壊、感情のダム。 中に溜ま…

4年 から 時間 合理と非合理 「海が綺麗になりすぎたからアサリが激減」 Akon - Right Now (Na Na Na)

ここを始めて4年経つらしい。早いなぁ。こっちに初めて来た時に小さな子供だった子がもう子供いたりするからね。びっくりだよね。 昔やってたブログも4年ぐらいはやったのかな。4年前を振り返ると本当に切羽詰まってた。今の状態は4年前の自分からは想像で…

縁が切れたこと 自己開示の難と"Poetry is untranslatable" アウトプットのフォーマット "Everything"

んー、一人縁が切れた。と言ってもその人が友達なのかと問われると微妙なんだし、寧ろ肩の荷が下りた感じもある。 僕は前々から気づくと相談相手みたいなポジションになっちゃうことが多い。お節介する気はないんだけど放っておけないっていうのもあるんだよ…

鳩のこと トラウマ関係 解離と繋がってないこと "Color Me Blue" Akane

鳩を迎えてしまった。一時的にお世話してるだけだけど。 お仕事で見回りに行ったら怪我してる鳩がいてね、飛べないの。幸い大きな怪我は片脚以外にはなくて回復が望めるけど、両翼の風切り羽はボロボロというかかなり抜けちゃってるし、尾羽もほぼ無くなって…

接し方と関係性の変化 諦め Cicada - "棲居在溪源之上 (Seeking the Sources of Streams)" キャベツの千切りブラックソルト&マヨネーズがけ

おひさ! 忙しい一か月がようやく終わった… 苦手なタイプの人と接するのは大変なのだけど、接し方を変えてみてから関係性も少しずつ変化してる気がする。コロナの時期は正直この人との関係はもういいかなぁとも思ってたのだけど、今くらいの関係性なら苦も少…

Z世代 から 仕切りとラベリング 群衆に対する苦手意識 自意識と一線 "Starry Night" Jordan Critz

Z世代って言葉が最近よく出てくるけど嫌い。世代間で一定の特徴があるのかないのか知らないけど、結局「最近の若い奴は」っていう感情の捌け口としてしか使われてないラベリングじゃん。世代の特徴云々というのなら一方的な価値観云々で貶めるのはおかしいと…

やる気が起きない ゲームのこと 音楽と琴線と記憶 Tony Anderson

ご無沙汰!どうも、旧正月の喧騒に隠れてすっかり堕落した日々を過ごしております。何もやる気が起きにゃい。 毎晩花火と爆竹凄い。まぁみんな鬱憤たまってたんだろうね。そろそろ新年15日だから終わりだと思うんだけど。 やる気が起きないと言いつつしっか…

どうしようもない寒さ 享楽 味わうこと 新居昭乃『フィンブルの冬』 坂本真綾『奇跡の海』

僕にとって寒さには特別な何かがある。 冬が苦手なのはトラウマやら空気やら色んな要素があるけれど、単純にこの寒さが苦手なのもあるのだろう。 芯を突き抜けるような、内側から凍りつくような寒さに、死がちらつくような本能的な不安が呼び起こされるのだ…

愛と受容 から 一時帰国すること 最近のこと Cossacks 2 RIOPY ”Drive”

"Love is Acceptance"ってそうなのだろうなぁと思う。 愛には様々な形があるのだろうけど、どれにも言えることは、そこに受容があるということだと思う。 例えば、深い部分で共鳴するような愛を人は求めがちだけれど、ある種の、互いを認め合った風通しの良…

陰謀論 から 懐疑的という思い込み 悪夢 夜のお散歩 "iris - lavender and heaven"

陰謀論っていうのは見えてるものに対する疑念から裏の見えないものを信じる(データなりがある程度あるにせよ)っていう意味で、そういうのが合う人は疑ったり信じたり大変なんじゃないかなぁって思った。 僕は陰謀が有るなら有るでいいし、無いなら無いのだ…

ジョギング から 運動とか 腐乳 Jアラートとか Jason Deluro

ジョギング、先々週は2カ月くらい開いて久々に走ったのだけど、2kmちょっとでへばってしまった。先週は小雨だったおかげもあって5km歩かずに走れた。そして今日は8km走れた。ちょっと嬉しい。歩かないでこんなに走ったの初めて。10年ちょっと前までは喘息が…

現実 から 二元と力み 眺める Chad Lawson "breathe"

現実は非現実の中にあって非現実は現実の中にある。であるならこの二つを区別する意味なんてあまりないのかもしれない。夢だってそう。現実の合間にあるのが夢なのか、夢の合間にあるのが現実なのか、そういう見方ばかりする必要もないのかもしれない。 変性…

久々の村のこと 内的ランドスケープ 自然と文明と隠遁 "Cicada - Hiking in the Mist"

手足の傷が化膿して熱があったけど何とか運転して街に帰ってきた。今も化膿が治らず熱が出たり下がったり。二年前の入院の時よりは軽いし、抗生物質を飲み始めて腫れも引いてきたから良いのだけど。 そういえば二年前のそれ、悪寒と共に口の筋肉が引き攣る、…

曖昧 美と虚無感と諦観 下の階の猫のこと 孤独と記憶 Reminiscence - Johannes Bornlöf

そこにあるものが何か分からなくても、そこに何かがあることは確か。それが何かを無理に分かろうとすれば決めつけになってしまう。明確にされたものというのは多かれ少なかれそういう部分がある。でもそれはあんまり好きじゃない。 なら曖昧でも、不明瞭でも…

受容の儚さ から 慣れと鈍化 冒涜 縁と可能性 雲 アナスタシア

受容の儚さはそれが自分の中でしか完結しないことなのかも。そりゃ自己を通して外を見るのだから当たり前だけど。弱さであっても愚かさであっても、自分のそれを血肉に宿した在るがままというのは、例えばそれらを穢れとする人からすると嫌なものなんだよね…

幸せ から 心地良さの層 感情の深みによる彩り 『好き』 "Walking Stars" - Kai Engel

幸せってものの体感を僕はあまり分からないから、「人生の幸せが~」とか言われても抽象的すぎて理解が難しい。そもそも幸せって何なのだろうかってなる。 体感でないのなら認識なのかなとも思ったけど、頭で今は何不自由ない幸せだって思おうとしてもそれは…

孤独月間 から 要塞 LonelinessとSolitude 新居昭乃『城』『氷の城』

今月は孤独月間になりそう。慣れ親しんだ孤独、Solitudeな方向にもっていけば辛さは少ないと思うんだけど、寒さや孤独感、Loneliness的な部分に何かあると思うと今無理やりそっちに持っていくのはなんかこう、開き直りな気がしてしまう。大体こういう時は必…

孤独の苦しみ から パニックと思考 身を任せること 内面のランドスケープの変遷 Spiritual Loneliness

あれからというもの数日間本当に苦しい思いをしたけれど、サポートを貰えたおかげで持ち直して、今は大分落ち着いてる。こういう時に頼ることのできる存在が居てくれることは、本当にかけがえのないもの。同時に、そうではない人を思うと心苦しい。 今回の苦…

寒さ から 節目 進む弱体化 孤独感 ”ヘミソフィア”

うーん、きつい。 一個抜けて少しすっきりしたかと思ったらもっと寒い所に出てしまった。 この寒さ。避けてきた寒さ。気になっていた寒さ。死に意識が向く寒さ。 節目、確かに節目だけど… いつからだろう、ずっと寒がりだった。 単に寒さに弱いとか、周りよ…

愛着の続き から 記憶の中の感覚 コーヒーミル "Passes" - Helen Jane Long

最近またこれについて考えてる。 hasriq.hatenablog.com 自分の中で色々繋がっていくけれど、決定的なことはまだ分からない。 このことを考える時浮かぶのがこの曲で、思った以上にこの感覚とリンクしていることが分かった。大好きな曲で時々本当に必要にな…

携帯の修理 『GRIS』『Muse Dash』 宇宙と観測

携帯、中古で押し売られたiphone5sをもうずっと使っていて、流石にもうそろそろ限界だと思っていたのだけど、ちょっと困るタイミングで起動しなくなったので修理することに。LCDと電池交換して約5000円。5000円払うなら…とも思ったけど緊急だったし致し方な…

孤独感 から テレパシー 切なさ Doja Cat - "Mooo!"

孤独感って天気のよう。何となく読める時もあれば急に来ることもある。今は何だろう、真冬と言うよりは葉が散りかける秋のような感じの孤独感。柔らかい静けさ。時折吹き抜ける冷たい風。 この寒さを人々はどうやってやり過ごしているのだろう。みんな孤独な…

空への憧れ 残すこと・表現 コミュニケーションに対する苦手意識 

空、特に雲が好きで時々写真を撮るんだけど、僕はあんまり撮った写真を大切にできる人間じゃないんだよなぁって思った。 何で写真を撮るかっていえば、やっぱりその瞬間を残したいから。ある種の表現の欲求もあるのだと思う。 でも写真になっちゃうとやっぱ…

Personal Values test (3回目) から Luca D'Alberto - Yellow Moon

Personal Valueテスト 久々にやってみた。 2020-11-24 1. Inner Harmony 2. Peace 3. Authenticity 4. Freedom 5. Compassion ↓ 2021-3-21 1. Authenticity 2. Inner Harmony 3. Peace 4. Freedom 5. Curiosity ↓ 2022-6-1 1. Authenticity 2. Acceptance 3.…