感じたこと、思ったことノート

主観の瞬間的垂れ流し、混沌の整理、迷子の自分探し。井戸の底から雲の上まで。

好きなもの

久々の村のこと 内的ランドスケープ 自然と文明と隠遁 "Cicada - Hiking in the Mist"

手足の傷が化膿して熱があったけど何とか運転して街に帰ってきた。今も化膿が治らず熱が出たり下がったり。二年前の入院の時よりは軽いし、抗生物質を飲み始めて腫れも引いてきたから良いのだけど。 そういえば二年前のそれ、悪寒と共に口の筋肉が引き攣る、…

曖昧 美と虚無感と諦観 下の階の猫のこと 孤独と記憶 Reminiscence - Johannes Bornlöf

そこにあるものが何か分からなくても、そこに何かがあることは確か。それが何かを無理に分かろうとすれば決めつけになってしまう。明確にされたものというのは多かれ少なかれそういう部分がある。でもそれはあんまり好きじゃない。 なら曖昧でも、不明瞭でも…

受容の儚さ から 慣れと鈍化 冒涜 縁と可能性 雲 アナスタシア

受容の儚さはそれが自分の中でしか完結しないことなのかも。そりゃ自己を通して外を見るのだから当たり前だけど。弱さであっても愚かさであっても、自分のそれを血肉に宿した在るがままというのは、例えばそれらを穢れとする人からすると嫌なものなんだよね…

幸せ から 心地良さの層 感情の深みによる彩り 『好き』 "Walking Stars" - Kai Engel

幸せってものの体感を僕はあまり分からないから、「人生の幸せが~」とか言われても抽象的すぎて理解が難しい。そもそも幸せって何なのだろうかってなる。 体感でないのなら認識なのかなとも思ったけど、頭で今は何不自由ない幸せだって思おうとしてもそれは…

孤独月間 から 要塞 LonelinessとSolitude 新居昭乃『城』『氷の城』

今月は孤独月間になりそう。慣れ親しんだ孤独、Solitudeな方向にもっていけば辛さは少ないと思うんだけど、寒さや孤独感、Loneliness的な部分に何かあると思うと今無理やりそっちに持っていくのはなんかこう、開き直りな気がしてしまう。大体こういう時は必…

孤独の苦しみ から パニックと思考 身を任せること 内面のランドスケープの変遷 Spiritual Loneliness

あれからというもの数日間本当に苦しい思いをしたけれど、サポートを貰えたおかげで持ち直して、今は大分落ち着いてる。こういう時に頼ることのできる存在が居てくれることは、本当にかけがえのないもの。同時に、そうではない人を思うと心苦しい。 今回の苦…

寒さ から 節目 進む弱体化 孤独感 ”ヘミソフィア”

うーん、きつい。 一個抜けて少しすっきりしたかと思ったらもっと寒い所に出てしまった。 この寒さ。避けてきた寒さ。気になっていた寒さ。死に意識が向く寒さ。 節目、確かに節目だけど… いつからだろう、ずっと寒がりだった。 単に寒さに弱いとか、周りよ…

愛着の続き から 記憶の中の感覚 コーヒーミル "Passes" - Helen Jane Long

最近またこれについて考えてる。 hasriq.hatenablog.com 自分の中で色々繋がっていくけれど、決定的なことはまだ分からない。 このことを考える時浮かぶのがこの曲で、思った以上にこの感覚とリンクしていることが分かった。大好きな曲で時々本当に必要にな…

携帯の修理 『GRIS』『Muse Dash』 宇宙と観測

携帯、中古で押し売られたiphone5sをもうずっと使っていて、流石にもうそろそろ限界だと思っていたのだけど、ちょっと困るタイミングで起動しなくなったので修理することに。LCDと電池交換して約5000円。5000円払うなら…とも思ったけど緊急だったし致し方な…

孤独感 から テレパシー 切なさ Doja Cat - "Mooo!"

孤独感って天気のよう。何となく読める時もあれば急に来ることもある。今は何だろう、真冬と言うよりは葉が散りかける秋のような感じの孤独感。柔らかい静けさ。時折吹き抜ける冷たい風。 この寒さを人々はどうやってやり過ごしているのだろう。みんな孤独な…

空への憧れ 残すこと・表現 コミュニケーションに対する苦手意識 

空、特に雲が好きで時々写真を撮るんだけど、僕はあんまり撮った写真を大切にできる人間じゃないんだよなぁって思った。 何で写真を撮るかっていえば、やっぱりその瞬間を残したいから。ある種の表現の欲求もあるのだと思う。 でも写真になっちゃうとやっぱ…

Personal Values test (3回目) から Luca D'Alberto - Yellow Moon

Personal Valueテスト 久々にやってみた。 2020-11-24 1. Inner Harmony 2. Peace 3. Authenticity 4. Freedom 5. Compassion ↓ 2021-3-21 1. Authenticity 2. Inner Harmony 3. Peace 4. Freedom 5. Curiosity ↓ 2022-6-1 1. Authenticity 2. Acceptance 3.…

思い込み 感情の蓋 弛緩と緊張 見えた「怖い」

コントロールが邪魔して蓋を開けられないから泣けないのかと思ってたのだけど、どうもそうではないということを指摘してもらうことで気づけた。 最初のイメージとしては固い蓋があって、それをこじ開けようとするのだけど泣きそうになるとスイッチが切り替わ…

否定・肯定・受容 受容性の投影 自分崩しと人生のフェイズ "Once Upon A Time” Evgeny Grinko

否定は(肯定と一緒に)外から入ってくる それに抗うのが肯定(であり否定) 肯定と否定は表裏一体の二元 表裏一体の二元は片方が存在する為にもう片方が必要 肯定が生まれれば否定が生まれるし、否定がある所には既に肯定があるともいえる 肯定に生きようとすれ…

意識レベルのギャップ から 課題1 - CPTSD 自己受容の難 OOO 瀕死の携帯

4月の後半に意識レベルのギャップというのを見てもらったんですよね。レベルって言葉はあんまり好きじゃないからちょっと躊躇したんだけど、自覚はあるからヒントでも見つかればなぁと思って。 見てもらった内容もその後のやり取りも僕にとってはとても意味…

孤独と溝 から ゾンビの夢 事故のこと 『ミツバチの羽音』

Loneliness does not come from having no people around you, but from being unable to communicate the things that seen important to you. — Carl Jung Real loneliness consists not in being alone, but in being with the wrong person, in the suff…

泣きそうになる から 感情と動物 鼻うがい 『ミツバチの羽音』が楽しみ

最近なんかすぐ泣きそうになる。相変わらず泣けはしないから、なんかくしゃみが出そうで出ないような感じ。 凄く弱くなった感じがする。変容の先は安定とか、歳を取れば強くなるとか、そういう固定観念があったのかもとも思う。ただでさえ脆いのにもっと脆く…

靄 軸 仕事の電話を無視したこと David Nevue

見失ってばかりだ。全てが靄に包まれるこの感覚。慣れ親しんだ世界。 日はまた昇るというけれど、日はまた沈むの方がしっくりくるんだなぁ。 僕の場合はそもそも見失わないような軸があるのか、という部分が問題だろう。 ただそこは仕方がない。わがままな僕…

誕生日 から 不調 人格 "Clay - Ghostly Kisses" "Everything Matters ft. Pomme - Aurora"

また誕生日が過ぎていった。くーるくる、くーるくると地球にへばり付いて太陽を回ること早35周。一体これは何なのだろう。 毎年fbにお誕生日メッセージをもらって、でもなんかもう面倒というか億劫だから誕生日消そうかなって思ってたんだけど忘れてしまった…

ソムリエ から 埋もれていた人生観 仕事のこと Michele McLaughlin

先週のとある日の早朝に車を運転してる時、急に「ソムリエだ」って思った。そしてその言葉を呑み込んだ瞬間、身体が少し軽くなったような、何かが解かれたような、認められたような感覚があった。 こういう時の理解は後から来る。どうして急にソムリエなのか…

泣くことの難しさ トラウマと未消化の感情 インターステラー

先月末かな、今までも浮かんできていたのに全然気にも留めていなかったんだけど、僕の中にはいつも泣いてる何かのイメージがあって。それが他の様々なイメージみたいに時々浮かぶのとは違って、額辺りに意識を持っていくと胸の奥にいつもある感じ。 10年以上…

あけおめ から やりたいこと、気になってること "Jonathan's Song" Doug Hammer

明けましておめでとうございます。 こっちは特にお正月ムードはなく、祝日も1日だけなんですけどね。 栗きんとんと煮黒豆と数の子食べたいなぁ… 2022年かぁ、早いなぁ。この調子だとあっという間におじいさんになってそう。そこまで生きればだけど。 抱負と…

手のひら から 双方向、受容、世界、子供 "Water Ripples" Enno Aare

手のひらが優しく柔らかいのは、手のひらが優しさや柔らかさを感じることができるだけ繊細だからだ。そんな手のひらだって自らが感じ、受ける姿勢でなければ横暴で硬い手のひらになる。愛撫とビンタの違いのような。どっちも兼ね備えたビンタもあるし、ビン…

お散歩 から 月 悲しみと喪失 欺瞞と信念 Kai Engel

今日のお散歩、月明かりに照らされる積乱雲がとても綺麗だった。 満月前後の夜は明るすぎるくらいだけど、月明かりが映し出す景色は大好き。柔らかな明りに照らされてぼんやり浮き上がるように見える。それは何というかこう、内側にある景色に似ている。 月…

月 から 尺度 頭 Fleurie - Sirens

丸くてとても綺麗な月。明日は満月らしい。 薄雲が北に向かって流れ、空が忙しなく色々な表情を見せる。波のような薄雲の流れの中、海底に沈む宝石のようだと思えば、一面が晴れて明るい星たちが見えたり、分厚い雲の塊に覆われて薄い部分が丁度眼のようにな…

体調不良 から 手 目覚めパニック 知恵の実 幼児への憧れ Slow Meadow - Ghost in the Brazos

先週の後半はお腹の風邪で高熱を出したり蕁麻疹で寝不足だったり。最近体力付いてきたんじゃないかと思った矢先にこれ。ちょっと増えた体重がまた戻ってしまった。油断大敵ということだろうか。でも高熱自体は一日で収まったから身体はしっかり反応してくれ…

あれこれ Levi Patel - Since Last Letters

取りあえず何か書いてみようと思ったけど特に書きたいことがないという。違う、書きたいことがないというよりまとまらないのが分かってる感。なんかこう、濃度が薄い。 心地はいいんだけどね。集中できるムードじゃない。ただぼーっとしてるにはいいんだけど…

最近のこと 健康面、カメラ、音楽、夢、Matthew D. Morgan - "Angelita" "All Who Wander."

前腕が浮腫んだように腫れて痒みがある。これ去年入院した時に抗生物質の点滴受けてた部分で退院後3カ月くらい腫れと血管の硬化が続いてた場所。何で急にぶり返したんだろう。もう一週間ぐらいたつけどちょっとずつ酷くなってる。これ治るのかな? 理由もな…

マスク から 冠水 Safe & Sound - Taylor Swift feat. The Civil Wars

外を歩いてて人が近くに居ないとマスクを外すんだけどさ、その状態で向かいから人が歩いてきた時にマスクを着けるとなんかその人のこと嫌がってると思われそうで気分悪いよね。かといって着けないとそれはそれでこのご時世嫌がる人も多いし、こっちじゃ下手…

夕暮れお空

天の川 倒錯 深層 悪戯 憧憬 焦燥 記憶の彼方 おちゅかれモードでもカメラ持ってるとつい撮っちゃう。僕もお空になりたい。