感じたこと、思ったことノート

日々の生活の中で感じたこと、思ったこと、考えたことなど。主観の瞬間的垂れ流し。

星の動き 季節 移ろい

僕にとっては東から登って西に沈むのが当たり前になっている星も、高緯度の場所から見れば曲線を描くんだよね。極地の上空が見える場所からは円を描く星が見える。星空の中に居る時のその流れはどんな風に感じるのだろう。

寒いのは苦手だけど、死ぬまでに感じてみたいな。オーロラもね。

 

白夜や極夜も気になる。

白夜の太陽の流れはどう感じるのだろう。

植物たちはその光源、熱源の移動をどう感じるのだろう。

夜更かしばかりしてしまう僕が極夜に置かれたら、ずっと夜更かししてしまわないだろうか。それは冗談だけど。

 

一年を通した日の動きも強調されて見えるのだろうな。

赤道からそう離れていないここでも影の角度の変化には気付く。木や野菜を植える時に意識するからでもあり、果物の実の付き方から気づくこともある。

何もない日常が教えてくれたのは日々同じ繰り返しではなく、段々とずれていく変化の中に居ることだ。日だけではなく、そこから繋がる雲の動き、風の感触、雨の降り方、本当に色々な変化があって、自然の恩恵を受けて生活する上ではそれこそが重要になる。

 

そういうものも高緯度の場所ではより顕著なのだろう。

よく考えたら日本でもそうだった。蕗を採ったり土筆を採ったり七草を探したり、蓬を摘んだり。四季は目安でしかなく、より目に見える移ろいがある。その毎日が好きだった。

春は好き。

 

地球の自転による移ろいと公転による移ろい、そして月の公転との相互作用による移ろいもある。その中の存在として流れていく。

それを感じることが僕にとっては生の実感なのだろう。

 

太陽活動周期のように、僕らが体感するのが難しいくらい大きな移ろいがあって、宇宙に出ればもっと沢山あって、逆にもっと小さいものもあって、凄いなって思う。

それを全部感じたいと思うのは欲張りだろうか。でもそうしないと自分がどう流れているのかはわからない。

数字遊び 言葉遊び

未知への不安や恐怖が実体であって、数字の内訳とかスパイスに過ぎないのだろう。

https://www.worldometers.info/coronavirus/

 

人口の円の中の感染者数の円の中の発症者数の円と被りつつもより小さい陽性者数の円の中の重傷者数の円の中の死者数という小さな円があって、それぞれにはいろんな内訳がある。(何より検査数の円は国や地域によって大きく変わり、精度も関わってくる。その中の陰陽でしかない)

大きい円ほど確認は取れなくなるけど、小さい円ほど場所による記録の取り方に大きく依存することになるし、既存の状況の影響を大きく受ける。

という解釈をしているけど、数字は苦手だから間違ってたらごめんね。

 

その小さく可動な部分を切り取るから死者数ばかりが強調される。でもAge groupやExisting conditionを中心に見た時に、その人達はこの先1年以上生きるような人たちだったのかという疑問が大きくなる。(やり玉に挙げられるイタリアはこれ

おじいちゃんおばあちゃんの老衰だって、老化で弱ったところに風邪や何かで体調をこじらせて苦しんで死ぬものが多いのではないか。僕が大好きだった祖父の老衰だってそういう肺炎だった。穏やかな老衰なんて幻想ではないだろうか。それが老衰というものならば、この数字の中にどれだけ老衰が含まれるのだろう?逆に、国によっては含まれていないところもあるだろう。

 

そういう人たちが毎日ものすごい数亡くなっている中、ウイルスの蔓延は一つの要素でしかないのではないか。そんな中検査で陽性なら、場合によっては検査なしでもこの死者数に入れられる。

 

なんて言うと怒られるのがこの状態であって、だからこそトランプがセンセーショナリズムだと批判するような記者も出てくる。

色んな割合が飛び交うけど、その割合にどんな意味があるのかという以前にどんな無意識の意図がそう見せるのかを考えないで、その数字に何の意味があるだろう?致死率という言葉も見かけるけど、何を分母にしたどんな状況での致死率なのだろう。

結局不安や恐怖をエネルギーとして取り込みたいだけじゃないのか。

 

危険じゃないとは言わないし、お年寄りが苦しんで死んでいいとも言わないし、いろんな国や機関の取り組みが無駄だとも言わないし、寧ろ必要なのだろうと思う。医療現場の人たちは凄いなって思うし、ジャーナリストも自らの信条があるのだと思う。

でも煽る要素を持つ発言なら根拠を示して欲しいし煽られるなら根拠を持って欲しい。集団の感情で動く生き物ならそれを自覚しなければならないし、感情が及ぼす影響にこそ責任を持つべきだと思う。冷静さとは集団の正しさの上に保たれるものではないのだから。

例えば行動制限が必要だというならその理念は理解した方がいいと思う。

僕も同じく影響下にあるのだからそのぐらい言っていいよね。大半が感染して死ぬのが怖いからという感情的な動機で行動制限を支持する国に居るからストレスが溜まるのです。この人たちはいつ行動制限を解除できるのだろう?政府はソーシャルニュースに煽られた国民の感情に乗っただけで、乗ってしまったが為に理性的な動きをすればひっくり返される土台を作ってしまった。政権変わったばっかりなのに。

 

 

数字遊びがしたいのなら参加しようかな。

どこかの国では毎年2万人以上が自殺して、そのうち500人以上が未成年らしいですよ。(この中の多くは、健康状態だけ見ればこの先1年以上生きる人たちだと僕は思う)

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/

精神疾患の患者とされる人は400万人以上になるそうです。自殺者数が年々減っている裏腹、精神疾患の患者数は増え続け、薬漬けの人も増えているということになります。根本的な原因を考えると寧ろ悪化していませんか?

自殺死亡率は10年前の25から2018年は16.5まで下がっているけれど、それでも10万人当たり16.5人。

最初に貼ったサイトには新型コロナウイルスによる100万人当たりの死亡者数がある(これからも増えるけど)。数字を合わせて重ねるとどうでしょう。

 

500人以上死ぬということは、置かれた環境、状態、そして症状とされるものに苦しんでいる子たちはその数字よりはるかに多くなるでしょう。未遂は何件になるだろう?

肺炎の後遺症が怖いというけれど、後遺症は目に見える物だけではないと思いません?生活に支障が出て、時に寿命も短くなる。

 

ウイルス騒動で学校が休みだからその状態から離れられる子が多いのは救いかもしれないけど、その穏やかな日々は苦しみから解放されたいという気持ちに繋がって、学校再開後耐えられなくなる子が実際にある種の解放を選んでしまう。それはある種の救いなのだろうけど、僕は悲しい。

この騒動の最中、色んな人が色んな影響を受けるわけだけど、いったいどれだけの人が精神を病んでどれだけの人が失意から自殺するのだろう?

 

 

どちらも同じく意味のない仮定で言葉遊びだけど、僕にとってはこっちの方が怖い。年間2万以上、500以上という数字は繰り返される慢性なのに、慢性だからこそなのだろうか、気にも留められない。

僕もそうだけど自分にとってどれだけ意味がある数字か、それだけのことなのだろう。でもその数字は本当に関係があるのだろうか?

 

 

ということを思ったのは、昨日ついついtwitterを開いた時に、39度の発熱で水しか飲めない状態をインフルエンザでは軽症として扱われるとかなんとかっていうツイートとそれに対する感情的な数々の反応を見てしまい、イライラしてしまったから。こっちは言葉遊びだろう。

免疫が正常に働いて水が飲めるんだから軽症でしょ?ナチュラルな扇動の図だと思った。ウイルスのことは書かないと決めてたのに。やっぱりもうSNSは暫く見ない。

 

扇動する側は啓発のつもりなのだろう。発する側も受け取る側も、悪意はないのかもしれない。怖いのは仕方ないのだろうし。

どうして人はこうなってしまうのだろう?

捉え方の基盤 他の基盤を認めること 伝えることの難しさ

夢や幻覚の扱いを見るとその社会が如何に物質的かが分かる気がする。

 

僕の中にも夢は飽くまでも夢であり、内容に意味はなく単なる記憶の処理だという基盤があるし、幻覚に至っては幻覚を幻覚と捉えている時点それら個々の感覚に不寛容とも言える。

 

基盤が物質的な科学なのだからそうなって当然なのだけど。そんな人間が基盤が別のものである人たちの感覚がわかるのだろうか?

結局譲歩して理解した顔をし、彼らの見え方を尊重しているふりをしながらしているのはジャッジメントではないだろうか。上に立ったつもりになっていないだろうか。それにどんな正当性があるのだろう。

 

実際何が答えか分からないものを科学という一つの視点で一部を説明したからといって、間違えだと証明のしようもないものを単なる幻覚だと決めつけてかかるのはやはり偏見以外の何物でもないと思う。

でも基盤が物質的である限り、その自己満足の思考停止に陥る危険性はいつでもあるものなのだ。

 

科学を軽視するわけではないけれど、それが一つの見方でしかないことは常に留意しなければならない。それが僕にとっての科学への敬意だと思う。

全てのものを科学で説明しようとするのも一つの試みだ。それはその役割の人がやればいい。

 

物質的なものの代表として科学と書いたけれど、それは科学だけでなく、他者に伝えるための理屈全体がその空気を帯びることになる。理屈は伝えるためのものだから、どうしても相対的な指標が必要になってくるからだと思う。精神的なものでも、理屈となれば正しさを纏う。

それはそれ、とどこかで思っていても、それはそれ、になっていないことが多々ある。根本にあるからそうなってしまう。

 

 

例えば物質的な基盤とは別のもので世界を捉えている人たちが、夢を啓示か何かと捉え、僕らが幻覚として捉えるものを別の現実として捉える所を目の当たりにした時、どうしたら彼らの世界の見方を尊重などという一種の見下しではなく、別の見方として本当の意味で認めることができるだろうか?

基盤を捨て去るのは難しいようだ。その基盤があるからこそこういう見方ができるのも事実だから感謝もあるから、それはそれで持っておきたい。

では2つ基盤を持てばいい?でもその先には苦しみがある。物質的な見方には一種の不寛容があって、それが回路のように別の見方の邪魔をする。それを無視して色々取り込むと酷いエラーを起こしてしまう。そういうことを色々やってきた反省もある。

 

回路を取り外す為には明確に原因となる配線を見つけなければならない。でもそれは僕自身の内側にあるようで、時に民族的なものや文化的なものや世代的なものとして別の部分から継承していたりもする。本当に難しい。

  

でも一つそうではないものがあって、ワンダーは、それそのものに対する、そして見方や捉え方に対する驚きは、無垢な子供のような感じ方は、そういったものを超えられるものだと思う。『ソフィーの世界』のソフィーはその感覚を持ち続けながらも、既に自らの価値観に縛られている。自分を見ているようだ。

 

無垢であることと思考できるということは僕の中ではどうしても相反してしまう。両方を同時に持つとなると、二人の自分を持たなければならない。それは一種の代償なのだろうけど、そうではなく上手くやっている人はいるのだろうか?

 

無垢な捉え方の問題、それは説明に繋げることができないことだろう。それを出来る人がいるけれど、僕には無理だと思う。

でも僕にとって、僕の感じ方以上に大切なことがあるだろうか。僕の中で感じ、答えを求められれば(例えそれが見つからなくても)良いのではないか。

 

でも伝えなければならない場面は意外に多い。

やはり問題は、それを伝える時、「凄かった」「好き」「楽しかった」で済ますことが、単に説明の労力を省いているわけではないという事が伝わらない事だ。言葉にできない部分、説明できない部分、何かを守るためにあえて言葉にしない部分を全て含む分短い感想は重いのに、やる気がない、伝える気がないと思われてしまう。

でも言葉にすればするほど心象は崩れていくし、伝えるために作り上げた粘土細工は、思いだけでなく排他性も誤解の種も取り込んでいく。そうまでして伝えることにどこまでの意味があるのだろう?その人なりに自分で感じてもらえばいいのではないか?

 

 

これも言いたいことをまとめれば、

「色んな見方で世界を見たいな。でもそれって難しいし、伝えるのはもっと難しい。」これだけ。僕にとっては重い一文だけど、それは飽くまで僕にとってなんだなぁと思う。

伝えたいから長くなってしまうけど、どこかかけ離れていってしまう。

Faith Marie

Faith Marie、以前どこかでToxic Thouthsを聴いて、いいなぁって思ってチャンネル登録だけしてた。

今日は何か聴きながらブログ書こうかなって思い、あなたへのおすすめに出ていた彼女のAntidoteを聴いてみたらこれも好きだなぁって思った。

 

それで彼女のチャンネルの歌10曲全部聴いたのだけど、やっぱりいいなぁと思った。もうこうなると書きたかったこともどうでも良くなる。出会えた感謝でいっぱいです。

 

元々Youtubeに歌をぽつぽつとアップロードしていた人のようで、かなりマイペースな活動をされているようだ。でもそれぐらいがいいのかも。

この人の歌は歌詞と歌声、それに重なるメロディが感覚で分かる部分が多い(と感じる)から、とても自然と入っていける。入っているのか、入られてるのか分からないけど。

 

特に好きなのがNVMとDevil On My Shoulder。とっても好きだから貼っておきます。同じく好きな人がいてくれたら嬉しいな。

どちらも彼女が18か19の時にリリースされてるけど、こんなに言葉にできるって凄いと思う。同時にそんな彼女だからこそその分だけ沢山もがき苦しんだのだろうとも思う。

この言い方はあまり好きじゃないけど、これはその果実なのだろう。

 


Faith Marie - NVM

 

"NVM"

 

Will they understand?
It's the question of a lifetime
Tryna find the right words
But what if they don't care?
Never mind
Dealt with it myself
Hiding in the bathroom
Wearing long sleeve shirts
Scared of what I might do
Never mind

 

No one seems to hear you till you're loud
Then they call you crazy
Then they call you crazy
Quietly I battle with myself
Days are getting hazy
Days are getting hazy
No one seems to notice when you're down
Unless you are bleeding
Unless you are bleeding
But sometimes the worst wounds are the ones
Are the ones you can't see
Are the ones you can't see
Never mind

 

Do they understand?
I'm begging for an ally
Think I'm just confused
Blow it off it's nothing new
Never mind
Little do they know
The murder of my right brain
It still has me grieving
Take these pills for sleeping
My world is turning black and white

 

No one seems to hear you till you're loud
Then they call you crazy
Then they call you crazy
Quietly I battle with myself
Days are getting hazy
Days are getting hazy
No one seems to notice when you're down
Unless you are bleeding
Unless you are bleeding
But sometimes the worst wounds are the ones
Are the ones you can't see
Are the ones you can't see

 

Never mind
Never mind

 

If life is but a dream flowing gently down the stream
Then I'm caught in the rapids leaking boats and broken things
Merrily merrily swimming towards the shore
A voice they said was harmless only threw me overboard
If life is but a dream
Nothing but a dream
Then I just wanna smile wanna smile in my sleep
Merrily merrily nightmares all the time
No one hears the screams
Just wave as I float by

 

Row row row your boat gently down the stream
Merrily merrily merrily merrily life is but a dream
Row row row your boat gently down the stream
Merrily merrily merrily merrily life is but a dream

 

https://www.azlyrics.com/lyrics/faithmarie/nvm.html

 

童謡Row Row Row Your BoatのLife is but a dreamの部分、深く考えたことがなかった。

そう、Life is but a dream。その救い。希望。

もしそうであれば僕も、何も恐れずに柔らかく流れることができる。それが悪夢でも、夢という確証があるのなら。でもそうでないから夢と現実が紙一重であって、二重三重に反転する。

 

 


Faith Marie - Devil On My Shoulder (Audio)

 

"Devil On My Shoulder"

 

Beautiful silence
Beautiful pain
We're only human
We're meant to dream
Lost in a life full of mistakes
We do what feels right
Then fall with no grace
Chased by the sun
Escaping flatlines
Dreams are a curse
Wake up you're alive

 

Oh, slowly fading from the misery
I've accepted who I'm supposed to be
I've accepted who I'm supposed to see
Lady in the mirror
Oh, everyday I'm getting a bit older
And every time I break I get stronger
Everyday it's getting a bit colder
When I grow closer
To the devil on my shoulder
To the devil on my shoulder

 

Beautiful silence
Beautiful pain
Beautiful people
But we're all stained
Lost in a life
Full of mistakes
We do what feels right
Then we fall with no grace
I'mma sinner
I'mma tainted saint
I'mma savior
It's all the same
Chased by the sun
Escaping flatlines
Dreams are a curse
Wake up you're alive

 

Oh, slowly fading from the misery
I've accepted who I'm supposed to be
I've accepted who I'm supposed to see
Lady in the mirror
Oh, everyday I'm getting a bit older
And every time I break I get stronger
Everyday it's getting a bit colder
When I grow closer
To the devil on my shoulder
To the devil on my shoulder

 

We're all broken, it's fate
It's the way that we're made
All the pieces are there
They just aren't in there place
So I struggle to stand
But don't ask for a hand
My pride tells me no
You're better alone
I'm uncomfortably numb
As I stuff what I've found
And I start to shut down
Freeze in front of a crowd
It's what I don't say
I don't love I don't hate
Closing my mouth and turning my face
But it's no way to live to have nothing to give
Consuming the doubt
Not letting them in
But I'm not here to win
To survive but I'm already dead
So I picked up my head
I picked up my head
I picked up my head

 

Oh, everyday I'm getting a bit older...
Everyday it's getting a bit colder...
Oh, everyday I'm getting a bit older...
Everyday it's getting a bit colder...
When I grow closer
To the devil on my shoulder
To the devil on my shoulder

 

https://www.azlyrics.com/lyrics/faithmarie/devilonmyshoulder.html

 

これもとっても好き。言葉にするのは難しいけど、とっても。

人にはそれぞれの感じ方、捉え方、そして経験があって、それと照らし合わせて歌を感じるんだと思う。この歌は僕の感覚的な経験ととても繋がる。そして今もその中にいる。

ジョーカー人気から

バットマンのジョーカー人気って何故なのだろうか。最近のバットマンの映画もゲームもジョーカーばかり前に出過ぎだと思う。

https://www.ranker.com/crowdranked-list/top-35-batman-characters

 

確かにジョーカーは魅力的なキャラだけど、他の魅力的な悪役たちを押し退けるほどなのだろうか。

歪んだサイコパス系は単発だからこそいいと思う。あまりやり過ぎるとアンパンマンとバイキンマンみたいになってしまうのではないか。

 

そう思うのは僕の趣味の問題もあると思う。

何て言うんだろう。僕はもっとこう、ゴッサムあってのバットマンだと思うから、もっとゴッサムの世界観を楽しみたいんだと思う。ジョーカーはどこにでも現れる系であって、ゴッサムらしいキャラとは言えないのではないか。そういう歪んだピエロも含めて多様な人々が犯罪に手を染めながらせめぎ合っているのがゴッサムシティの魅力だと思う。

 

僕は好きな悪役を一人選べと言われればペンギンを選ぶと思う。トゥーフェイスやリドラーも好きだけど、やっぱりペンギン。キャラとしてもとても魅力的だし、彼なしのゴッサムの裏社会を想像するのは難しい。

あんなに純粋な悪党がいるだろうか。しかも組織運営も社会の操作も出来る紳士なおじさま。かっこいい。

きっとみんなジョーカーにも食傷気味だろうから、そろそろペンギンにまた光を当てて欲しい。

 

と、ジャッジ・ドレッドを観た後に思った。

ジャッジ・ドレッドも大好き。無秩序な世界に秩序を取り戻そうとするささやかな正義の試みという世界観はバットマンに似ている。

僕はやっぱりスタローンがいいから、引退前にもう一回やって欲しいな。ジャッジを引退して呪われた大地へ旅立つには丁度いい年齢だと思う。

 

そういえば僕がデアデビルが好きなのも、結局そういう雰囲気が好きなのかもしれない。日本で言うと必殺シリーズが好きだったしね。

 

主人公たちはみんなどこか、私刑の重みに正義に対する信念が揺れている人間達(法という後ろ盾のあるドレッドでさえ)。その陰気で人間的な深みにゾクゾクする。

自閉症の子

アパートメントの同じ棟に自閉症の小学校中学年くらいの年齢の子がいて、毎日この世の終わりのような叫び声を上げては泣いている。

彼はいったいどんな世界を感じているのだろう。想像を絶するものなのだと思う。

 

母親はまた中国語で怒鳴っている。感情的エネルギーが干渉し合い、反射し、増幅し、ぶつかり合う。

互いにとって地獄だろう。

 

彼は多分、僕の想像が及ばない領域の苦痛や混乱や恐怖や混沌を毎日味わっている。それに対して与えられるのは母親の怒声(だけならまだいいけれど)。子供が発するとは思えない、地獄の底から聞こえてくるような叫喚にいたたまれなくなる。

だからと言って母親を責めることもできない。そうなってしまうのだろうから。愛が繋ぎとめているのだろうし、それなら尚更に「こんなはずではなかった」が常態化する呵責は相当なものだと思う。それはループしてしまう。

 

見直せるなら住環境だろうか。日本のアパートより全然広いけれど、先ずこのアパートメントという環境は相当なストレス源であることは間違いない。本当にごちゃごちゃと、狭い環境に色々な物や人が存在するのだから。それが色々な感覚を通して入ってくる。僕だって辛いもの。

その子の母親に、いかにそういった感覚がなくとも、子供の現状が沢山の目(耳)に晒されるというのは相当なストレスだろう。ましてや中華系、恐らく客家。色んなプレッシャーを感じているだろうし、そののしかかったものが本当に色々なものを苦痛に変えてしまっているのではないかと思う。

 

彼らはビジネス志向で都市生活型の価値観が強いから、郊外への転居という選択も認識上難しいのだろうし、この等級のアパートに住んでいるということは、ここである程度スペースの確保できるような家を借りるのも難しいだろうし。

何だかなぁと思う。

 

アパートメントって色んな人が住んでいるけれど、この棟では恐らく最大級の狂気の世界だと思う。それは、ある意味で縮図なのだ。

救いはないのだろうか。

セルフ隔離

物理的に集団となれない状態になるとある種の人は更にそれを求めるのだろうか。SNSはそういう意味で大きな役割を果たしているのかもしれない。

現状僕にとっては毒でしかないので、SNSは暫く見ないことにした。本当はMemesだけ見たいんだけど、中々そうもいかない。

ウイルスウイルスって、ウイルスどうこうの前に彼らの振り撒く感情からストレスを受けて病気になりそうだと思った。ソーシャルネットワーク時代のセルフ隔離である。

 

集団として個体になろうとする潜在意識というものは存在するものであって、僕が感じるのはそれに付随する感情なんだと思う。それがいわば瘴気のように感じられるのは、僕はそこから距離を保つべきだということだろう。どう足掻いても個では居られない空間となるから。

 

今回のレッスンから、もう少し群集心理について考えたいと思った。毎回瘴気に中てられて乱されても仕方がないから。

これはいつも僕にとってのストレス源。上手く付き合わなきゃいけないのだろうけど。

 

 The Masses, Crowd, Collective Behavior, Hive Mind, Herd. 歴史的に見るか、社会的に見るか、生理学的に見るか、心理学的に見るか、要素は多いけれど根本はかなり単純な問題だと僕は思ってる。

ル・ボンの群集心理を買ってみたので、ゆっくりと読んでみようと思う。

 


Gustave Le Bon: The Nature of Crowds

 

僕のストレス源は結局のところ集団的モラルと、僕の個人的で内的なモラルのぶつかり合いなのだと思う。っていつも同じこと書いてるけど。

彼らの求めるモラルは僕にとってのインモラルになる。極端に短くするとそれだけのことだと思う。

 


Crowds, Mass Behaviour, and Social Movements

 

積極的に関わろうとはもはや思わないけど、自分を守らなきゃいけないから。

棲み分けはwin-win。