感じたこと、思ったことノート

主観の瞬間的垂れ流し、混沌の整理、迷子の自分探し。井戸の底から雲の上まで。

僕の内側のこと

きつい最近 お山

うーん、きついなぁ。このところずっとこの調子。悩みというか、思い詰めてることがあって、それがどうしようもない傷口と多重に直結していて、気力そのものが持っていかれてる。やらなきゃいけないことやるので精いっぱい。それでも世界はどんどん回ってい…

曖昧 美と虚無感と諦観 下の階の猫のこと 孤独と記憶 Reminiscence - Johannes Bornlöf

そこにあるものが何か分からなくても、そこに何かがあることは確か。それが何かを無理に分かろうとすれば決めつけになってしまう。明確にされたものというのは多かれ少なかれそういう部分がある。でもそれはあんまり好きじゃない。 なら曖昧でも、不明瞭でも…

受容の儚さ から 慣れと鈍化 冒涜 縁と可能性 雲 アナスタシア

受容の儚さはそれが自分の中でしか完結しないことなのかも。そりゃ自己を通して外を見るのだから当たり前だけど。弱さであっても愚かさであっても、自分のそれを血肉に宿した在るがままというのは、例えばそれらを穢れとする人からすると嫌なものなんだよね…

反戦思想 から 二元の統合と二元を認めること 目印としての中庸 内外という二元

毎年この時期になると思うのだけど、終戦の日に慰霊や平和に思いを馳せるのは必要なことなのかもしれないけれど、平和という観念に混じり込んだ反戦思想を振りかざして過去の戦争そのものを過ちと断ずることはどうなのだろう。平和を謳いつづける国としては…

幸せ から 心地良さの層 感情の深みによる彩り 『好き』 "Walking Stars" - Kai Engel

幸せってものの体感を僕はあまり分からないから、「人生の幸せが~」とか言われても抽象的すぎて理解が難しい。そもそも幸せって何なのだろうかってなる。 体感でないのなら認識なのかなとも思ったけど、頭で今は何不自由ない幸せだって思おうとしてもそれは…

孤独月間 から 要塞 LonelinessとSolitude 新居昭乃『城』『氷の城』

今月は孤独月間になりそう。慣れ親しんだ孤独、Solitudeな方向にもっていけば辛さは少ないと思うんだけど、寒さや孤独感、Loneliness的な部分に何かあると思うと今無理やりそっちに持っていくのはなんかこう、開き直りな気がしてしまう。大体こういう時は必…

孤独の苦しみ から パニックと思考 身を任せること 内面のランドスケープの変遷 Spiritual Loneliness

あれからというもの数日間本当に苦しい思いをしたけれど、サポートを貰えたおかげで持ち直して、今は大分落ち着いてる。こういう時に頼ることのできる存在が居てくれることは、本当にかけがえのないもの。同時に、そうではない人を思うと心苦しい。 今回の苦…

寒さ から 節目 進む弱体化 孤独感 ”ヘミソフィア”

うーん、きつい。 一個抜けて少しすっきりしたかと思ったらもっと寒い所に出てしまった。 この寒さ。避けてきた寒さ。気になっていた寒さ。死に意識が向く寒さ。 節目、確かに節目だけど… いつからだろう、ずっと寒がりだった。 単に寒さに弱いとか、周りよ…

愛着の続きの続き 依存 欲求 内観と自己理解 健全な関係 『形が変わる』

記憶の中の感覚について、気になってどうしようもないので以前ブログで交流のあった方に相談してみた。とても広い方。 内容自体については僕自身が確かめることができるものではないから何とも言えないのだけど、こういう自分より広い尺度の見方に触れると何…

愛着の続き から 記憶の中の感覚 コーヒーミル "Passes" - Helen Jane Long

最近またこれについて考えてる。 hasriq.hatenablog.com 自分の中で色々繋がっていくけれど、決定的なことはまだ分からない。 このことを考える時浮かぶのがこの曲で、思った以上にこの感覚とリンクしていることが分かった。大好きな曲で時々本当に必要にな…

空への憧れ 残すこと・表現 コミュニケーションに対する苦手意識 

空、特に雲が好きで時々写真を撮るんだけど、僕はあんまり撮った写真を大切にできる人間じゃないんだよなぁって思った。 何で写真を撮るかっていえば、やっぱりその瞬間を残したいから。ある種の表現の欲求もあるのだと思う。 でも写真になっちゃうとやっぱ…

Personal Values test (3回目) から Luca D'Alberto - Yellow Moon

Personal Valueテスト 久々にやってみた。 2020-11-24 1. Inner Harmony 2. Peace 3. Authenticity 4. Freedom 5. Compassion ↓ 2021-3-21 1. Authenticity 2. Inner Harmony 3. Peace 4. Freedom 5. Curiosity ↓ 2022-6-1 1. Authenticity 2. Acceptance 3.…

思い込み 感情の蓋 弛緩と緊張 見えた「怖い」

コントロールが邪魔して蓋を開けられないから泣けないのかと思ってたのだけど、どうもそうではないということを指摘してもらうことで気づけた。 最初のイメージとしては固い蓋があって、それをこじ開けようとするのだけど泣きそうになるとスイッチが切り替わ…

否定・肯定・受容 受容性の投影 自分崩しと人生のフェイズ "Once Upon A Time” Evgeny Grinko

否定は(肯定と一緒に)外から入ってくる それに抗うのが肯定(であり否定) 肯定と否定は表裏一体の二元 表裏一体の二元は片方が存在する為にもう片方が必要 肯定が生まれれば否定が生まれるし、否定がある所には既に肯定があるともいえる 肯定に生きようとすれ…

課題2 - 愛着 安心感 お姉ちゃん願望 母 家族関係単純図式投影法

もう一つの方、愛着は大切な親友と対話してる時に気付かせてもらった。 こっちはCPTSDの方と違って解消しなくても問題なく生きれるものだとは思う。でもなんて言うか、鏡を他者に押し付けてしまうのは嫌だし、目の前の相手を見ずに内側に持つ願望を見ながら…

意識レベルのギャップ から 課題1 - CPTSD 自己受容の難 OOO 瀕死の携帯

4月の後半に意識レベルのギャップというのを見てもらったんですよね。レベルって言葉はあんまり好きじゃないからちょっと躊躇したんだけど、自覚はあるからヒントでも見つかればなぁと思って。 見てもらった内容もその後のやり取りも僕にとってはとても意味…

暗闇仲間の見送り、謝意を伝えたこと 苦痛と死、代わりたい気持ち サバイバーズ・ギルト

youtubeで感情を外に出すセラピーを受けたりする様子を隠すことなくアップしている人が居て、僕も当時はその人と同じくDark Night of the Soulとか色んな名で呼ばれる変容の時期だったので参考にさせて頂いていた。参考という部分もあり、耐え難い孤独な暗闇…

孤独と溝 から ゾンビの夢 事故のこと 『ミツバチの羽音』

Loneliness does not come from having no people around you, but from being unable to communicate the things that seen important to you. — Carl Jung Real loneliness consists not in being alone, but in being with the wrong person, in the suff…

復活の喘息 アレルギー 生きてる感不足 至らない感と他人軸

昨夜は蕁麻疹と喘息のツープラトンにあえなく轟沈。重ねたクッションに前向きに寄りかかる感じで寝たり覚めたりを繰り返した挙句、久々の寝違え… 蕁麻疹は全身の発疹が2日ごとに出てた1月よりはマシになってきた気はするけど、ここにきて喘息が復活してきた…

誕生日 から 不調 人格 "Clay - Ghostly Kisses" "Everything Matters ft. Pomme - Aurora"

また誕生日が過ぎていった。くーるくる、くーるくると地球にへばり付いて太陽を回ること早35周。一体これは何なのだろう。 毎年fbにお誕生日メッセージをもらって、でもなんかもう面倒というか億劫だから誕生日消そうかなって思ってたんだけど忘れてしまった…

ソムリエ から 埋もれていた人生観 仕事のこと Michele McLaughlin

先週のとある日の早朝に車を運転してる時、急に「ソムリエだ」って思った。そしてその言葉を呑み込んだ瞬間、身体が少し軽くなったような、何かが解かれたような、認められたような感覚があった。 こういう時の理解は後から来る。どうして急にソムリエなのか…

泣くことの難しさ トラウマと未消化の感情 インターステラー

先月末かな、今までも浮かんできていたのに全然気にも留めていなかったんだけど、僕の中にはいつも泣いてる何かのイメージがあって。それが他の様々なイメージみたいに時々浮かぶのとは違って、額辺りに意識を持っていくと胸の奥にいつもある感じ。 10年以上…

あけおめ から やりたいこと、気になってること "Jonathan's Song" Doug Hammer

明けましておめでとうございます。 こっちは特にお正月ムードはなく、祝日も1日だけなんですけどね。 栗きんとんと煮黒豆と数の子食べたいなぁ… 2022年かぁ、早いなぁ。この調子だとあっという間におじいさんになってそう。そこまで生きればだけど。 抱負と…

手のひら から 双方向、受容、世界、子供 "Water Ripples" Enno Aare

手のひらが優しく柔らかいのは、手のひらが優しさや柔らかさを感じることができるだけ繊細だからだ。そんな手のひらだって自らが感じ、受ける姿勢でなければ横暴で硬い手のひらになる。愛撫とビンタの違いのような。どっちも兼ね備えたビンタもあるし、ビン…

お散歩 から 月 悲しみと喪失 欺瞞と信念 Kai Engel

今日のお散歩、月明かりに照らされる積乱雲がとても綺麗だった。 満月前後の夜は明るすぎるくらいだけど、月明かりが映し出す景色は大好き。柔らかな明りに照らされてぼんやり浮き上がるように見える。それは何というかこう、内側にある景色に似ている。 月…

妹の結婚式 から 家庭内の役割 気持ち悪さ 生と皮膚

そういえばね、この前妹の結婚式にオンラインで参加したの。事実上結婚は半年くらい前にしてて式がようやくって感じだったんだけど。 僕は入籍前には彼氏君から挨拶はあるだろうなとか思ってたんだけど一向になく、式の前ぐらいにはあるだろうと思ってたけど…

月 から 尺度 頭 Fleurie - Sirens

丸くてとても綺麗な月。明日は満月らしい。 薄雲が北に向かって流れ、空が忙しなく色々な表情を見せる。波のような薄雲の流れの中、海底に沈む宝石のようだと思えば、一面が晴れて明るい星たちが見えたり、分厚い雲の塊に覆われて薄い部分が丁度眼のようにな…

体調不良 から 手 目覚めパニック 知恵の実 幼児への憧れ Slow Meadow - Ghost in the Brazos

先週の後半はお腹の風邪で高熱を出したり蕁麻疹で寝不足だったり。最近体力付いてきたんじゃないかと思った矢先にこれ。ちょっと増えた体重がまた戻ってしまった。油断大敵ということだろうか。でも高熱自体は一日で収まったから身体はしっかり反応してくれ…

沈むのが好き から 2速 目標がないこと Life purpose

空深くに落ちていけたらどんな気持ちだろう。雲の向こう側の青い奥底。なんてことを思った。 何でもかんでも奥底が好き。そしてそこに向かう術は浮くのでも飛ぶのでもなく沈み落ちる。 その方が好きだし慣れているということなのだろう。 舞い上がり飛んでい…

めまい  虚無感と尺度と見方 Aurora - Stjernestøv

昨日は変なめまいが酷かった。体勢を変えたり寝転がったりすると、ぐわーんって視界が時計回りに大きく回る。 こんなの初めてで、最初は「お、もうやばいのきたか?」とも思ったけど、どうも脳じゃなくて三半規管かなという感じ。 調べてみると良性発作性頭…