感じたこと、思ったことノート

主観の瞬間的垂れ流し、混沌の整理、迷子の自分探し。井戸の底から雲の上まで。

僕の内側のこと

ぼーっとする時間 から 美しさ 尺度 "Ocean Foam" Cicada

暗闇の温かさ、苦痛の中の安らぎ、虚構に隠れた真実、重さの心地よさ、絶望が与える希望、滑稽な健気さ、凄惨な光景に見え隠れする美しさ、不条理という条理、それらの逆も然り、そんなことばかり思ってる。なんなんだろう。 先週はちょっと忙しかった。なん…

時 から 時間、日付、クロノタイプ

時は刻まれるようになる前はただ流れていたのだろうか。空を見ていたのなら時の中を回っていたのかもしれない。過去を今と区別し始めたのはいつからなのだろう。未来を感覚ではなく予測としたのはいつからだろう。 時の進行は線なのだろうか。範囲だったり場…

最近の失敗 から ズレに対する不安 複数相手の苦手意識

先日Zoomでお話する機会をもらったんだけど納得いかない内容になってしまった… 準備不足と想定不足。 いつももっと軽いノリだから軽くていいやって思って軽めに準備したら、なんかみんないつもと違って真面目モードだし、想定してなかった人たちが来るし… オ…

孤独 から ”Ritorno - Egor Grushin"

“Loneliness does not come from having no people about one, but from being unable to communicate the things that seem important to oneself, or from holding certain views which others find inadmissible.”― Carl Gustav Jung "Memories, Dreams, …

精神的にどん底な週末 "Table for Two"

ここ数日超久々にどん底感。何だか知らないけど感情がぐちゃぐちゃでやりたいことが手につかず、疲れて横になってると寝てしまい、しかも変な夢を見てのループを繰り返し遂に土曜の夜になってしまった。なんだろうこれ。あ、ご飯はちゃんと食べてるよ。 新月…

月食 から 構図 感覚と頭

月食見えた―。わーい!ブラッドムーン、いわゆる皆既月食の状態は間に合わなかったけど嬉しい。結構長い時間探してたんだけど建物に隠れてたのと灯りが多いので見つけるのに時間がかかった。 写真はあんまりうまく撮れなかった。三脚がないのもあるんだけど…

僕の『見る』について 優位知覚によるフィルターと盲点

誰かに共感・感情移入したときに、「この人は何を見たのだろう?」「何を見ているのだろう?」というのがいつも先ず浮かぶ。それはかなり僕自身の感覚に基づいた言葉であって、これを所謂ちゃんとした文章に直すと「この人は今までの人生でどんなことを経験…

ビールを飲んだ から 酔うこと 物思い 入眠しやすくなったこと

超久々にビールを飲んでみた。知人は酒を飲んで忘れることがストレス軽減の秘訣だと言ってた。 僕はどうしても酒は慣れない。幼少期から酒には嫌な思いをし続けてきたのもあると思う。多分沢山飲んだとしても自分の中である程度ブレーキをかけていて、記憶が…

Personal Values test (2回目) から Inanna - Armand Amar

数ヶ月ぶりにこれやってみた。価値の並べ替え。 personalvalu.es 結果はこれ 結構変わったかなぁと思ってやってみたんだけど、あんまり変わってないかも。 前の結果どこにあったっけ… あった。 1. Inner Harmony 2. Peace 3. Authenticity 4. Freedom 5. Com…

アルベール・カミュ『不条理な論証』から 不条理を取り入れる

アルベール・カミュの本読みたいけど、ペスト以外電子書籍全然売ってないから色々調べてる。 本欲しいな。多分今の僕には、彼が不条理に何を見ていたのかはとても役立つ気がする。 このサイト良い。 https://kotento.com/2019/02/20/post-2528/ しかし、思考…

アトピーから思い出したこと 罪悪の記憶

急に思い出したこと。 小1か小2の時、どっちだかはっきりは覚えてないんだけど、クラスメイトの女の子を泣かせてしまって先生に呼び出されたことがある。 その子は割とアトピーが酷い子で、そのことをいじられたりしてかわいそうだった。その子に対して何…

気力不足から お金、所有、Enter One - Sol Seppy

仕事をする気が起きない。いや、何もしてないようで結構忙しいんですよ。それがお金になるかどうかの問題であって、あんまりお金にならないから仕事してないと責められるような気になるんだろうね。そんなことしたり、送り迎えで車の運転したりしてるともう…

ひな祭り から 転んだこと、イライラのこと

今日はひな祭りでしたね。実家は五月人形はあったけど雛人形はなかったな。 数日前、fbに以前アップロードした画像が出てきて、とても懐かしい気持ちになった。 もう11年前の写真。 可愛いでしょ?凄く懐かしい。 全校生徒約30名の学校で放課後コミュニティ…

魂の存在 から

魂とはなんだろう?Soulの方。 それが存在するにせよしないにせよ、多くの人がその存在を確信している。触れた人、見た人、聴いた人、中に入った人、信じる人。統合っていうのも色々読んでもまだ落とし込めない。 それを自分なりに見つけることは僕が生きる…

旧正月、月と人と感覚

いざ書こうと思ったら書きたいことが浮かばない。何書こうかな。30秒頭を空にして浮かんだことを書こう。 森喜朗… 時事問題書く気分じゃないなぁ。まぁみんな鬱憤溜まってるんだろうなって思う。全員が深呼吸してから対話すれば大分マシだと思うんだけどな。…

懐かしい写真 から 森、2つのブログ

画像フォルダみてたら懐かしい気分になった。 やっぱりこの森が好きなんだよね。 ずっしりとした重い空気。しっとりした質感。セイランやサイチョウ、ギボン、色んな生き物の鳴き声が聞こえてくる気がする。 これだけで何種の樹種が写ってるだろう。直立した…

今と夢、一昨日の夢、僕と夢

何で人間を生きるのはこんなに難しいんだろう。ずっとトンネルを歩いているようですぐに追い詰められてしまう。 外を歩いて風を浴び星を見ているとその外側に居られる気がするのに、また元の場所に戻ってきてしまう。自然の中にいる自分と人々の中に居る自分…

お試し自動筆記

生きることに意味を求めることはない それそのものが目的だから ただ生きれば見えてくる 難しく考えないでいい 完成はされる バラが赤い意味を問うな 出会いにより満たされた 奇妙な夕暮れに見た景色を覚えているだろうか その美しさに覚えるおかしな感覚 そ…

大人になったなと感じるとき から

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 今夜書こうって思ってた内容があったんだけど、いざ夜になったらやっぱり今はいいやってなってね。丁度お題が目に留まったから書いてみようと思った。 お題とか初めて書くかなぁ。昔やってた別の所だと結構やって…

記憶 から 過去にいる自分、未消化の感情

経験は積み重なるけど 記憶ってどうなんだろう。保存されるっていうのは書き物やデバイスのデータのように保存されるものから着想されたのかもしれなくて、そういったデータと同じように保存されているとは限らないのではないだろうか。 記憶の奥底に残って…

自己肯定感 から 自己否定、オーバーシンキング

自己肯定感って言葉は雑多な感じがする。色んな似たような言葉がごちゃ混ぜになってるような感じ。僕の場合自己肯定感が高いとか低いとかって言われてもぱっと来ない。自己否定は凄くしっくり来ていて、(肯定され得る)存在が百なら否定も百で来る感じ。抱…

It's alright から CLANN "I Hold You"

これ大好き。何回も聞いちゃう。 CLANN - I Hold You Rest now, my loveIt's all rightThe dark is goneI'm hereI hold you(I hold you) Rest now, your heartIt's all rightWe're all rightAlthough you're goneI'll be here to hold youI've got you Will …

地に足がつかないわけじゃなかった Kalandra - Concrete Landscapes から

先週からよくKalandraの曲を聴いていた。ノルウェーのバンド。 でね、このミュージックビデオなんだけどね。 Kalandra - Concrete Landscapes - (Official video) [Verse 1]This place was never meant to be our homeThis land was in possession of no one…

境界

月が出てない夜の散歩はやっぱりいいな。全体が暗いから電灯に照らされた部分が浮かんでるように見える。雨の後だったから、微かな光に照らされる濡れた地面や揺れる水たまりも綺麗だった。 暗い夜は色んなものを見なくてもいいし、僕自身も暗がりに溶け込む…

楽観と懐疑の海 苦痛の肯定 軸

ところで、人生を見つめる視点って沢山あると思う。意味だったり、目的だったり、関係だったり、個々集団様々な存在そのものであったり、色々。 その中で例えば、目的を通して見た時に個人レベルでの目的として挙げられるのは、相対的なものと主体的なものが…

アンドレイ・タルコフスキー 『鏡 / Зеркало』、精神世界と現実世界

今日はアンドレイ・タルコフスキーの『鏡』を観ました。 とっても良かった。今も映画の余韻の中で、ジェットコースターに乗った後みたいにフワフワしてる。ジェットコースター乗ったことないけど。 youtubeさんのホームフィードから同じくタルコフスキーが監…

何か違う から

また始まった。「なんかこう、違うんだよなぁ」っていう感覚。 でも何が違うのか分からない。いや、多分どこかではわかってる。わかってるから違うんだもの。でもわからない。 やっぱり生きるの向いてないんだよなぁ。いや、生きること自体は向いてると思う…

クラスメイトの夢 秘密の花園

昨日夢に小学校の時の友達が出てきた。夢は中学生という設定だったと思うのだけど、高校の時の担任が出てきたり、小中学校の同級生がごちゃごちゃに出てきたり、間取りは小学校高学年の時の教室だったり、結構めちゃくちゃ。内容もかなりカオスだった。 ここ…

知覚 意識 僕の在り処と範囲

意識を向けるというように、知覚に対し意識はスコープのように感じられる。うっすらと感覚器官を跨いで全体に向けることもできれば、ポイントにフォーカスすることもできるし、それは思考や感覚、記憶を取り出したり、内的なイメージの中を彷徨う時でさえも…

退院 活力不足 遠く

ホーム、スウィートホーム。やっぱりお家がいいですね。 傷口の洗浄のために毎日通院しなきゃいけないものの、退院できました。両腕が採血と点滴跡で痛いです。これだけ失敗されると採血恐怖症になりそう。いや、僕の血管が悪いんですけどね。さらっと看護師…